OFFICIAL SITE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
PROFILE
OTHERS
疾走感を感じるアイウェア 〜KEN OKUYAMA EYES KO-108〜

JUGEMテーマ:メガネ

 

いつもOBJのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

本日ご紹介させていただきますアイウェアは、

 

まるでスーパーカーを彷彿とさせる

 

力強く、美しい流線型を描くフレームワーク。

 

 

カーデザインの巨匠、奥山清行氏がプロデュースするアイウェア

 

KEN OKUYAMA EYESより、話題の最新作が入荷致しましたので、

 

早速ご紹介致します。

 

〜そもそもKEN OKUYAMA EYESとは?〜

 

 

世界最高峰の自動車メーカーである、 フェラーリやマセラティなど

 

数多くの自動車デザインを手がけた奥山清行氏による

 

プロダクトアイウェアブランドKEN OKUYAMA EYES

 

 

コンセプトモデルなどではない、実用性を考慮した

 

芸術性の高い眼鏡の開発をブランド理念とし、

 

現実性に基づいた革新性を常に意識しながら、

 

従来にはない新しいアイウェアのスタイルを考案し続けてゆく為、

 

工業デザイナーである奥山清行氏が眼鏡開発に本格的に取り組み、

 

約2年という月日を経てリリースされた

 

プロダクトアイウェアブランドです。

 

 

Mod.KO-108

 

KEN OKUYAMA EYESを象徴するスタイルでもある

 

1ポイント構造のリムレスタイプのコレクション。

 

 

名作KO-104の後継モデルにあたるKO-108.

 

大胆に施されたブロー上面の“抜き”のデザインは、

 

機能美のみならず、フレームの構造的強度を増す効果とともに

 

重量の軽減をも意図してデザインされています。

 

 

デザイナーである奥山氏のカーデザイナーとしての

 

卓越したデザインセンスが遺憾無く発揮された

 

絶妙なプロポーションが堪りません。

 

特徴のある上面とは対照的に正面からのフォルムは

 

細身でスッキリとしたデザインで顔に馴染みやすく、

 

メタルフレームの持つシャープで精悍なイメージを

 

より際立たせてくれます。

 

 

人間工学に基づいてデザインされたテンプル部分は、

 

お顔を優しくも、しっかりとホールドしてくれます。

 

 

バランサーとしての機能を意識したブランドのアイコンとも言える

 

七宝仕上げのテンプルエンドが、さり気ない高級感を演出します。

 

 

随所にカーデザイナーである奥山氏の感性とこだわりが詰まった

 

疾走感を感じる特別なアイウェアです。

 

この素晴らしさ、是非ご自身の目でお確かめ下さい。

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

OBJ京都店   
Instagram・Twitterはこちらからどうぞ☟
   


   


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

OBJ    

住所:〒606-8165 京都府京都市左京区一乗寺野田町2-2    

電話番号:075-711-6109

 

E-mail:info@obj.co.jp   
    
営業時間:11:00〜20:00    

取り扱いブランド:obj water、alain mikli、BARTON PERREIRA、CAZAL、   
                           CHROME HEARTS、DITA、EFFECTOR、EYEVAN7285、  
                           Frency&Mercury、Hoet、ic!berlin、KEN OKUYAMA、   
                           Jacques Marie Mage、OAKLEY、OLIVER GOLDSMITH、  
                           OLIVER PEOPLES、Lunor、MATSUDA、MYKITA、   
                           Persol、STARCK EYES、THIERRY LASRY、   
                           THOM BROWNE.、TVR、TOM FORD、zerorh+、etc...

| KEN OKUYAMA | 11:49 |
カーボン×チタニウム 〜KEN OKUYAMA KO-213〜
JUGEMテーマ:メガネ

いつもOBJのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日は、世界最高峰の自動車メーカーである、

 

フェラーリマセラティなど数多くの自動車デザインを



手がけた奥山清行氏によるプロダクトアイウェアブランド

KEN OKUYAMA EYESよりスペシャルモデルのご紹介です。

〜そもそもKEN OKUYAMA EYESとは?〜



コンセプトモデルなどではない、実用性を考慮した

芸術性の高い眼鏡の開発をブランド理念とし、

現実性に基づいた革新性を常に意識しながら、

従来にはない新しいアイウェアのスタイルを考案し続けてゆく為、

工業デザイナーである奥山清行氏が眼鏡開発に

本格的に取り組み、2という月日を経てリリースされた

プロダクトアイウェアブランドです。



Mod. KO-213

では早速細部を見ていきましょう。

カーデザインで洗練された奥山氏の感性を生かした

立体的な造形とディテールで構成されたメタルフレームモデル。

シャープでスッキリとしたデザインに、

インパクトのあるカーボン製のブローとチタン製のフレームの

異素材を掛け合わせたコンビネーションモデル。



その特徴的なデザインは奥山氏のオリジナルカーである

 

“Kode 7”を彷彿させます。

立体的な3次元デザインに加え、ボリューム感のあるスタイルですが、

剛性と軽さを併せ持つ、カーボンとチタンで構成されたフレームは、

とても軽く仕上がっており、デザイン的にも機能的にも、

素材の持つ良い所を巧みに引き出したフォルムとなっています。



美しい曲線で構成された人間工学に基づいた

フィッティング性の高い美しいテンプルライン。



優れた弾力性を有したβチタンを使用することで、

非常に快適な掛け心地を実現しました。



バランサーとしての機能を意識したテンプルエンドデザイン。

ブランドアイコンとなる七宝仕上げのモチーフが

高級感を演出します。

随所にカーデザイナーである奥山氏の感性とこだわりが詰まった

まさにスペシャルなアイウェアに仕上がっております。

このスペシャルモデルは各色限定400のみの制作となっておりますので、

是非お早めにお試し下さい。

皆様のご来店お待ちしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OBJ 

住所:〒606-8165 京都府京都市左京区一乗寺野田町2-2 

電話番号:075-711-6109

E-mail:info@obj.co.jp
 
営業時間:11:00〜20:00 

取り扱いブランド:obj water、alain mikli、BARTON PERREIRA、CAZAL、
                           CHROME HEARTS、DITA、EFFECTOR、EYEVAN7285、
                           Frency&Mercury、Hoet、ic!berlin、KEN OKUYAMA、
                           OAKLEY、OLIVER GOLDSMITH、OLIVER PEOPLES、
                           Lunor、MATSUDA、MYKITA、STARCK EYES、
                           Persol、THIERRY LASRY、THOM BROWNE.、TVR、
                           TOM FORD、zerorh+、999.9、etc...
 











 
| KEN OKUYAMA | 12:03 |
KEN OKUYAMA EYES カーボンフレーム登場!
いつもOBJのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回ご紹介させていただくのは・・・

「KEN OKUYAMA EYES」です!

KEN OKUYAMA氏と言えば、

フェラーリのエンツォなど数多くの自動車のデザインを手がけ、

さらに、車だけにとどまらず、様々なプロダクトデザインに携わっています。

そんなKEN OKUYAMA氏の眼鏡ブランドである

「KEN OKUYAMA EYES」は、

プロダクトデザインで培ったセンスを存分に発揮したアイウェアです。

もちろんデザインだけではなく、人間工学に基づいた構造はかけ心地も秀逸。

そんなブランドの新作、しかも・・・ただのフレームじゃありません。

百聞は一見にしかず、まずはご覧下さい!





いかがですか、この精悍な佇まい。

KEN OKUYAMAらしい流れるようなラインに、

エッジの効いたフロントデザインが特徴的。

実はこちらのモデル、その材質に秘密が・・・

実はレーシングカーなどのシャーシなどに用いられる

カーボン を使用しているのです!





この表面に浮かぶ模様がカーボンの証。

それゆえ、非常に軽く、また頑丈になっています。

しかもカーボンのブロックから削り出しフロントを作成するという、

手の凝りよう。

さらにテンプル裏側のブランドカラーであるレッドも効いてますね。

この眼鏡、間違いなく一生物のアイテムとなってくれると思います。

気になる方は是非実際にお手に取ってご覧になって下さい。

皆様のご来店をお待ちしております。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OBJ
住所:〒606-8165 京都府京都市左京区一乗寺野田町2-2
電話番号:075-711-6109

E-mail:info@obj.co.jp
営業時間:11:00〜20:00
取り扱いブランド:alain mikli、CAZAL、CHROME HEARTS、DITA、
         DEROME  BRENNER、EFFECTOR、Frency&Mercury、
         ic!berlin、OAKLEY、OLIVER GOLDSMITH、
         OLIVER PEOPLES、MYKITA、STARCK EYES、
         TOM FORD、ZERO rh+、999,9、etc


| KEN OKUYAMA | 12:42 |
KEN OKUYAMA トランクショー開催中!
OBJ京都本店のブログへアクセスしていただき、

誠にありがとうございます。

このブログでは、新作の紹介だけではなく、

そこに隠されたストーリーや眼鏡の裏話なども

発信させていただきます。

先日このブログでもご紹介させていただきましたが、

OBJでは「 KEN OKUYAMA 」のトランクショーを絶賛開催中です!

私達の思っていた以上にお客様からご好評をいただき、うれしい限りです。

今回はそんなKEN OKUYAMAのフレームをご紹介させていただきます。





フレームは全てメタルタイプ。

一見シンプルに見えますが、そこにはたくさんのこだわりが詰まっています。


たとえばテンプルのこのカーブは人間工学に基づいたデザイン。

必要最低限の部分だけを頭部の形状に近づけています。




また、シンプルながらも立体的なデザインが多いのも特徴。





テンプルの裏側の赤色もさりげない遊び心で魅力的です。




側面にはさりげないブランドロゴ。




テンプルエンドにはブランドカラーである赤の飾りが施されています。




ここの眼鏡は、実際にかけていただくと

その良さがより引き立つ眼鏡だと思います。

KEN OKUYAMAのトランクショーは 31日 まで

皆様のご来店をお待ちしております。


| KEN OKUYAMA | 11:10 |
KEN OKUYAMA トランクショー !!
OBJ京都本店のブログへアクセスしていただき、

誠にありがとうございます。

このブログでは、新作の紹介だけではなく、

そこに隠されたストーリーや眼鏡の裏話なども

発信させていただきます。

 OBJでは KEN OKUYAMA のトランクショーを

本日10日より開催いたします。




KEN OKUYAMAとは・・・

世界的な工業デザイナーである奥山清行氏によるブランド。

奥山氏はデザイナーとして、フェラーリやマセラッティなどの自動車や、

ドゥカティなどのバイクのデザインに携わってきました。

そんな奥山氏の感性を活かした、

洗練されたデザインと機能性を持つ眼鏡ブランド、

それがこの「KEN OKUYAMA」なのです。

OBJではそんな奥山氏の世界観を感じられる眼鏡が

フルラインナップでご覧いただけます!

このブランドが気になっていた方も多いのでは?

期間は 10月10日〜31日 まで

たくさんの方のお越しをお待ちしております!


| KEN OKUYAMA | 11:02 |
| 1/1PAGES |